神社検索

  • 神社を探す
  • 地図から探す
  • 市町村から探す
  • キーワードで探す



本文

ふるさとのお社探訪

新田神社/御田植祭

 ふるさとのお社探訪 

 

「新田神社」 鎮座地  鹿児島県薩摩川内市宮内町1935番地2

 

新田神社1.png 新田神社2.png

 

 新田神社は、近年全面開通した九州新幹線の終着駅「鹿児島中央駅」の一つ手前の駅「川内駅」より

車で約7分の位置にある。新田神社の鎮まる「神亀山」は、鎮守の杜を象徴する樟の古木が生茂る小高

い山である。清らかな流れ「川内川」の近くにある山の麓より、322段の古い石段を上る山頂に鎮まる

その神社には古来より特殊な神事として「御田植祭」「御神鏡清祭」などがある。

 

御田植祭

 

●祭典日 

平成24年 6月 10日(日曜日) 入梅の日

●祭典時間 午前9時      本社祭(山頂社殿)

   午前10時20分 保食神社祭(山の麓)

   午前11時    植栽行事(御神田)

   午後1時     郷土芸能・舞踊奉納新田神社3.png

                 (於 山頂社殿)

 

 新田神社御田植祭の歴史は古く、薩摩国建国以来

農業の育成発展を奨励する薩摩国府によって行われて

いた農耕祭祀を、古の薩摩国一宮新田宮が引き継いで

きたもので、旧暦の5月の入梅の日に執り行われていた。

 往時は広大な神田を所有していたが、現在は一反

ばかりを維持し、6月入梅の日の前の日曜日に行われる。

 

 

御田植祭に伴う芸能

 

 御田植祭に必ず奉納されるのがこの地方独特の踊り「奴振り」である。

一説によると平安時代の中期にこの地方で凶作が続き、農民が苦しんでいるのを嘆いた樋脇町倉野

(現在:薩摩川内市樋脇町倉野)の老人が、誠心をこめて御神田のお田植えを奉仕し、奇妙な奴

(やっこ)を振り回して田楽に合わせ踊り豊作を祈ったところ、秋には五穀が良く稔ったので、

翌年から神社お膝元の宮内地区の人々も参加して御田植祭に踊りを奉納したのが始まりとされている。

 この奴踊り〔奴振り踊り、奴振り〕の起源は相当古いものらしく700年の歴史があるとされ、

現在は樋脇町の倉野地区と新田神社の所在する宮内町より奉納されている。

 

新田神社4.png

 倉野奴振り

 
 

 奴踊りについて

 

 樋脇町倉野は平安時代の頃から新田宮と関係の深い処でもあり、御祭神ニニギノミコト様と縁の

ある言い伝えを残している。奴踊りについてはその昔、凶作の年が続いて農民は非常な困窮にうち

ひしがれていたある年のこと、倉野の一老農夫が集落の皆を元気づけようとオコ〔農具。稲束など

を担ぐために堅い木の両端を尖らした鉾の一種〕の先に藁束を結わえつけ、それをぐるぐる回しな

がら田植えをしている田の畦のまわりを踊り歩いたところ、その年は大豊作となったため、それ以

来稲作に関係するその踊りを神社に奉納するようになり、遂には薩摩国総鎮守である新田神社にお

いても奉納されるようになったという伝承が残っている。

 これに続いて宮内町でも新田神社のお膝元ゆえ負けてはならじと踊りをするようになった。

ふるさとのお社探訪(新田神社)no5.jpg

 踊り手は菅笠に法被、手甲、脚絆姿の壮年男子、総勢12、3名で、このうち約半数の人たちは

3メートル程の竹に、4メートル程の剥ぎ竹約十本をつけた握り太の奴竿を、片や残りの人たちは

頭に花笠のようなものに長い房がいっぱいついている3メートル程の奴竿を、グル―ッと2、3分

おきに回す。この所作は虫追いの所作を儀礼化したものといわれ、苗に虫や病気がつかないように

邪気を祓う意味があるとされている。この奴踊りに歌われる田植歌の歌詞は次のとおりである。

 

(倉野)穂植えてまいらしょ お八幡様よ 前田畝の上 十六町 今日こそ植ゆるは 九石九斗まき

             植えてまいらしょ お田の神よ 中に黄金を 植えてまいらしょ

 

(宮内)物の美事は 八幡馬場よ うしろは山で 前は大川

 

 奴踊りは、昭和38年の6月17日、新田神社の御田植祭に伴う芸能として県無形民俗文化財に

指定された。                ※参考図書  川内市文化財要覧「川内市歴史資料館編」 

                     

 当日は午前9時からの本社祭に続き、神亀山麓に鎮まる保食神社にて午前10時20分頃より末社祭

が斎行される。その後、これから植えられる早苗を担いだ早男・早乙女による行列が、保食神社より

御神田まで進んでいく。

 

  

新田神社6.png

御神田への行列

 

 御神田は矢来竹で四方を囲われている。これは御神田への病虫害の進入を防ぐ意味合いと、

清浄で神聖な田である境界を示すものである。

 

 御神田に到着すると、行列は御神田を囲う矢来竹を巡るように田を一周する。

そしてまず宮司による田植えが行われ、引き続き早男・早乙女による田植えが行われていく。

御神田脇では倉野の奴振りが奉納され、その後宮内の奴振りが行われる。

新田神社7.png 新田神社8.png

 宮内の奴振りは神田の中で奉納され、前半と後半に分かれており、焼酎の酔いが回ってきて

踊りの動きが大きくなる後半が見どころである。宮内の踊りが終わると、植栽行事は終了となる。

 

新田神社9.png 新田神社10.png

 

 寄田棒踊りについて

 

 寄田棒踊り保存会が継承しており、奴振りと共に「県無形民俗文化財」である。

寄田棒踊りは、年輩の男2、3人の歌い手の歌にあわせて白鉢巻に黒の(かすり)姿の若者達が、三尺棒を

振り上げたり打ち下ろしたり、あるいは棒と棒とを打ち合ったりする勇壮な芸能である。地面を棒で

叩く動作が見られ、これは田開きでの虫追いを表現した農耕儀礼説ともいわれる。棒踊りとはいいな

がら棒は腰に差して、両手を挙げて手踊りする場面もあり、芸能化の進んだ棒踊りである。

 主に演技するのは寄田小学校の児童をはじめ寄田地区の青年たちであり、先輩方の指導のもと

日夜練習を重ねて、御田植祭当日の午後より奉納演芸の1番目として新田神社御神前に奉納する。

 

 

()

御神鏡清祭(みかがみすましさい)

●祭典日 

平成24年 7月 28日(土曜日)

 

●祭典時間  午前10時半  神事

       祭典後     御神鏡磨きの儀  

 

●銅鏡

   73面奉蔵 (和鏡 37面   外来鏡 36面)

           内、和鏡3面が国指定重要文化財

ふるさとのお社探訪(新田神社)11-13-1.jpg

 

 

 新田神社では、毎年7月28日に、古くから伝わっている銅鏡の鏡面を磨く神事がある。 

この日は宝物殿より銅鏡が出され、先ず神事が行われる。そして、みくに幼稚園の園児た

ちが、長さ7~8センチの縄をひねって特別な形にした束子(たわし)を使って、鏡面を

磨き清めるのである。

 

新田神社14.png
 

 その後、さらに和紙で磨き上げ、再び宝物殿に収められる。園児たちは「たわし」を御守

として持ち帰る。この祭祀は、園児たちの無病息災と鏡のように曇りなき立派な人に成長す

るように祈念するもので、全国的に見ても大変珍しい神事である。



目次

ふるさとのお社探訪

  • 伊勢神宮・神宮大麻
  • ふるさとのお社探訪
  • リンク集