神社検索

  • 神社を探す
  • 地図から探す
  • 市町村から探す
  • キーワードで探す



本文

HOME > 神社を探す > 姶良・伊佐地区 > 霧島市 > 霧島神宮

霧島神宮

神社のご案内

  • 神社名:霧島神宮
  • 神社名カナ:キリシマジングウ
  • 鎮座地:〒899-4201 霧島市霧島町田口2608-5
  • 例祭日:九月十九日
  • 通称:
  • 旧社格:官幣大社
  • 神紋:菊
  • 摂末社:7
  • 社宝:霧島九面

御祭神

  • 天饒石国饒石天津日高彦火瓊瓊杵尊(アメニギシクニニギシアマツヒダカヒコホノニニギノミコト)
  • 木花開姫尊(コノハナサクヤヒメノミコト)
  • 彦火火出見尊(ヒコホホデミノミコト)
  • 豊玉姫尊(トヨタマヒメノミコト)
  • 鵜茅葺不合命(ウガヤフキアエズノミコト)
  • 玉依姫尊(タマヨリヒメノミコト)
  • 神倭磐余彦尊(カムヤマトイワレヒコノミコト)

神事・芸能

旧二月四日~御田植祭 瓊瓊杵尊が高天原から稲種子を授かり耕作された故事により、神苑内祭場で仮装の老翁・老媼・牛による耕耘、神職による御田植の所作の後、田ノ神舞(県文化財)を舞い、五穀の豊穣を祈願する。

六月十日~斎田で右祭典を行い、タカンバッチョを被った早男・早乙女がお田植えをする。

十一月十日~天孫降臨記念御神火祭 天孫降臨の際、猿田彦命が火を焚いて迎えた故事に因み、本宮祭で起した切り火を高千穂河原古宮址に運び、夕方五時から大祓詞奏唱の中、一年間に寄せられた祈願札をその成就を願い焼納する。

由緒

旧記によると、欽明天皇の御宇(西暦五四〇年)、天祖天照大神の御神勅を畏み戴き、三種の神器を奉持して高千穂峯に天降り、皇基を建て給うた肇国の祖神天孫瓊瓊杵尊を祀る社として、峯のほど近く脊門丘に建立されたが、度々噴火により炎上したので、今から五百年ほど前現在地に遷座された。現社殿は、二十一代島津吉貴公が正徳五年に造営したもので、その配置はまさに輪奐の美をなし、西の日光とも称せられる。殿内は漆塗りで二十四孝の絵画や龍柱があり、床には鴬張りが施されている。

明治七年二月「霧島神宮」と社号を改定、官幣大社に列格された。昭和天皇は二度にわたり御神拝されている。

高千穂峯頂上には神代の旧物「天の逆鉾」があり、一帯の「みやま霧島」は有名である。


アクセスマップ


目次

  • 伊勢神宮・神宮大麻
  • ふるさとのお社探訪
  • リンク集