神社検索

  • 神社を探す
  • 地図から探す
  • 市町村から探す
  • キーワードで探す



本文

HOME > 神社を探す > 北薩地区 > 薩摩川内市 > 南方神社

南方神社

神社のご案内

  • 神社名:南方神社
  • 神社名カナ:ミナミカタジンジャ
  • 鎮座地:〒895-0131 薩摩川内市高江町2255-4
  • 例祭日:九月二十八日に近い日曜
  • 通称:お諏訪様(スワサン)
  • 旧社格:郷社
  • 神紋:
  • 摂末社:5
  • 社宝:

御祭神

  • 建御名方命(タケミナカタノミコト)
  • 八坂刀賣命(ヤサカトメノミコト)
  • 志奈津毘古命(シナツビコノミコト)
  • 志奈津毘賣命(シナツビメノミコト)
  • 大山祇命(オオヤマツミノカミ)
  • 大地主命(オオトコヌシノミコト)
  • 素戔鳴尊(スサノオノミコト)
  • 大国主命(オオクニヌシノミコト)

神事・芸能

三月二日に近い日曜~太郎太郎踊り(県無形文化財) もとは合祀した志奈尾神社の奉納芸能で、豊作・安産・無病息災を祈願するユーモラスな農村劇。神事の後、田に見立てた境内を、太郎の弟の子供たちがテチョ(亭主)・オンジョ(古老)の教えるままに、カギ型の木を鍬にして耕す。この間、一杯気分の怠け者の太郎やコッテ牛を絡めて、方言でのやりとりがある。次に、末社の安産の神の前で宮司が安産の祝詞を奏上し、嫁女に扮した太郎が赤ん坊に見立てた自然石を産み落とし、見届けた宮司が「千石千石まいたとて」と繰り返しながら種子を蒔いておわる。

由緒

創建年代は不詳であるが、保存されている棟札の内最も古い棟札は慶長年間のものである。高江郷の総鎮守として諏訪大明神と云い、例祭日は旧の七月二十八日。祭料一斗七升五合と記録がある。

明治四十四年四月十四日、村社志奈尾神社、無格社熊野神社、同鎮守神社、同内瀬神社、村社宝満神社を合祀し、南方神社と改称した。当時の氏子は七十八戸である。



目次

  • 伊勢神宮・神宮大麻
  • ふるさとのお社探訪
  • リンク集