神社検索

  • 神社を探す
  • 地図から探す
  • 市町村から探す
  • キーワードで探す



本文

HOME > 神社を探す > 鹿児島地区 > 日置市 > 大汝牟遅神社

大汝牟遅神社

神社のご案内

  • 神社名:大汝牟遅神社
  • 神社名カナ:オオナムチジンジャ
  • 鎮座地:〒899-3301 日置市吹上町中原2263
  • 例祭日:十一月二十三日
  • 通称:
  • 旧社格:郷社
  • 神紋:三つ巴
  • 摂末社:2
  • 社宝:

御祭神

  • 大己貴命(オオナムチノミコト)
  • 仲哀天皇(チュウアイテンノウ)
  • 神功皇后(ジングウコウゴウ)
  • 応神天皇(オウジンテンノウ)
  • 仁徳天皇(ニントクテンノウ)
  • 玉依姫命(タマヨリヒメノミコト)
  • 別雷神(ワケイカヅチノカミ)
  • 少彦名命(スクナヒコナノミコト)

神事・芸能

六月第三日曜(三年毎) ~田植踊

十一月二十三日~流鏑馬(県無形文化財) 今から約四百五十年前、島津日新公の戦勝成就で始まったとされ、現在では保存会によって五穀豊穣と家内安全を祈って奉納される。

由緒

創建年代は不詳であるが、地理纂考等によれば、勧請には天孫瓊瓊杵尊の係わりが語られ、往古大和の三輪神(大汝牟遅神)並びに玉依姫を祭り、次いで島津初代忠久公の時(一説には文治二年)に、鎌倉の鶴岡八幡宮より仲哀・応神・仁徳の三天皇、及び神功皇后の御分霊を併せ祭ったといわれる。

当社の鎮座する中原には瓊瓊杵尊が国見をしたという国見石がある。

中世の頃は周辺が伊作庄の政治の中心地であり、伊作島津家はもとより代々国主の崇敬も厚く、文安元年甲子十一月二十七日をはじめ再興を示す多数の棟札がある。

明治四十二年十月二十八日石聚神社、同年十二月十日小烏神社、加茂神社、奥神社、同十八日玉御前神社、翌年一月二十一日亀山神社を合祀した。

吹上町鎮座の神として崇敬され、各種祈願祭等参拝者で社頭は賑やかである。


アクセスマップ


目次

  • 伊勢神宮・神宮大麻
  • ふるさとのお社探訪
  • リンク集