神社検索

  • 神社を探す
  • 地図から探す
  • 市町村から探す
  • キーワードで探す



本文

HOME > 神社を探す > 南薩地区 > 南九州市 > 稲荷神社

稲荷神社

神社のご案内

  • 神社名:稲荷神社
  • 神社名カナ:イナリジンジャ
  • 鎮座地:〒897-0305 南九州市知覧町瀬世5092
  • 例祭日:三月十六日
  • 通称:
  • 旧社格:村社
  • 神紋:
  • 摂末社:
  • 社宝:

御祭神

  • 豊受姫命(トヨウケヒメノミコト)

由緒

創建の年代は不明であるが、伝説によれば、塩屋区大隣の瀬世岳(今の大隣岳)に祀ってあったのを、大隣から瀬世へ移住の人々がひそかに御遷座申し上げた。その時は冬で雪の降る寒い日であったところから、今も御祭りには紙片を撒いて降雪に疑し、また追手を弓で防いだ故事にまねて、矢を射る神事が残っている。

祭典の直会には、車座を皆後向きに座し、奪還を警戒する模様を示現する習慣もあったという。

祭神の豊受姫命は、大宣都比売・保食神など多くの別名ある神で、稚産霊神の御子にまします。天下生民の食うて生くべき食物を主宰する産霊の大神で、伊勢の皇大神宮の御饌都神として、斎きまつる豊受大神である。外宮と申す。天照大神は、この神から五穀の種子を受け陸田・水田に植えしめ、天孫降臨に際してはその種子をお授けになった。

霊験あらたかなる神として地方の信仰が篤い。



目次

  • 伊勢神宮・神宮大麻
  • ふるさとのお社探訪
  • リンク集