神社検索

  • 神社を探す
  • 地図から探す
  • 市町村から探す
  • キーワードで探す



本文

HOME > 神社を探す > 大島地区 > 知名町 > 世並蔵神社

世並蔵神社

神社のご案内

  • 神社名:世並蔵神社
  • 神社名カナ:ヨナミゾウジンジャ
  • 鎮座地:〒891-9222 大島郡知名町徳時1383-イ
  • 例祭日:一月二十日 八月二十日
  • 通称:
  • 旧社格:村社
  • 神紋:
  • 摂末社:
  • 社宝:

御祭神

  • 世並蔵神(ヨナミゾウノカミ)

由緒

御祭神世並蔵は、琉球北山の一族世之主加那志(北山(ほくざん)王と沖永良部島の西目祝女の姪との間に生まれた二男真松千代)が沖永良部島の領主として応永二年渡海の際従って来れる方であり、その子孫を併せて世並蔵と称える。世之主加那志は琉球において中山・南山・北山の三山が統一された応永二十三年頃自決したと伝えられ、墓は和泊町大字内城にあり、純琉球式の掘込式方形納骨堂で、県の史跡に指定されている。

琉球が、尚氏以前中山、南山、北山の三王鼎立し覇を競った頃、世並蔵は北山王の二男世之主加那志に従い渡海され(足利四代将軍義持の頃)、徳時の東に居を構え、農耕を興すの外、病気薬治、分娩、学問その他住民の幸福を計り、その勢威は徳時以西の全域に及んだ。時は移り、北山王滅亡の後も、子々孫々住民の指導、民生の安定に努めざるはなく、ために住民はよくその徳に靡き、後世世之主の世を取り、穀物その他の財を納める地蔵の蔵を考え、世々に伝えて世並御蔵加那志と称し、屋敷跡に祠を建て産土神として祀るに至った(沖永良部島沿革誌には、明治四年四並蔵廃寺跡に神社を建立したとある)。

産業の神、安産の神、武神として崇められ、旧正月二十日、八月二十日の大祭は、「二十日正月」と呼ばれるほどの島内一の賑わいをみせ盛大を極めた。

字名の徳時(とくどき)は「とどろき」の約音で、当地と大津勘の中間を流れる河川は島有数の大河で、傾斜面を急流が通過する際、ゴーゴーと水音が鳴り響き轟きたったことに由来するという。



目次

  • 伊勢神宮・神宮大麻
  • ふるさとのお社探訪
  • リンク集